YZF-R25試乗記

試乗記


すごくカッコよくなった!と評判の新型YZF-R25。
YSP杉並南に試乗車が準備されたので、早速試乗させてもらいました。

コースは首都高をグルッと一周。
YSP杉並南→4号→C1→レインボーブリッジ→湾岸→9号→C1→4号→ YSP杉並南というルート。
道が空いていればおおむね40分ぐらいの快走路となります。

じっくりとYZF-R25を堪能させてもらいましたよ!

YZF-R25(2019) インプレッション


YZF-R25は並列二気筒250ccのスポーツバイク。
エンジンを回して限りあるパワーを絞り出しながら、車両重量170kgの軽い車体を駆って、スイスイと走り抜ける。
軽快な走りを楽しめるFun Ridesなのです。

MT-10SPは溢れ出るパワーを活かしたワープ感覚の走りが楽しめる反面、常に抑えて走る息苦しさがあります。
YZF-R25は流れに乗っても楽しいし、流れをリードできるペースも作れます。意外に速度が乗るんですよ。

コーナリングも楽しい。
フォームを作りやすいポジション、軽快なビートを感じるエンジン、軽さの利を活かした自由度の高いライン選択など、コーナリングを楽しむための要素が揃っていて、とにかく気楽に走りを楽しめます。


特にシートが良いです。
ズレにくくて車体をホールドしやすいこと、意外とクッションも良いことで、割と距離を走ってもあまり疲れを感じずにいられそう。


エンジンとマフラーのサウンドもGOOD。
グイッとアクセルを開ければ、乗り手をやる気にさせてくれます。ノーマルマフラーのデキはかなり高いです。
ただ、排気量の関係で甲高いサウンドが続くのが、耳から疲れてしまうかも。もっとも100km/hを超えてからのことなので、さして問題になりませんが。


ただ、ブレーキのフィーリングは好みではありません。
まるでオフ車のようなグンニョリとしたフィーリング。予測以上に制動距離が伸びてしまって焦りました。
初心者がよくやる握りゴケ対策なんでしょうね、きっと。


kurokiがYZF-R25を買ったら、真っ先にブレーキ周りを一新します。
マスターシリンダーもラジアルに変えて、キャリパーやディスクもリニアに効くタイプのものに変更。
スポーツタイヤを履いて、ガッチリ路面を噛むようにして、SSっぽいフィーリングで制動できるマシンに仕上げたいですね。

Translogicからクイックシフターがリリースされていますので、これも組み込みたい。
エンジンを回して走ることを楽しむYZF-R25ならば、シフトアップで途切れない加速は走りの楽しさをグッと高めてくれるでしょう。

FJR1300乗りも試乗

その後、東京モーターサイクルショー帰りのトントンさんHasegawaさんもYZF-R25に試乗しました。


せっかくなので、kurokiはMT-10SPで追走して写真撮影してみましょう。


普段はFJR1300に乗るトントンさん。
スポーツバイクに乗るのは初めてとのこと。
最初は緊張で固くなっていましたが、軽快でフレンドリーな走りを認識すると、楽しそうに走る姿に変わります。


ピースサインを出す余裕も出てきました。


YSP杉並南へ戻ってきたので、お次はHasegawaさんにチェンジ。


空いてるオーバーパスをグーンと加速!


パラツインエンジンが発するビートが身体を震わし、軽量な車体がスルスルと速度を上げていく。
ビックバイクにはない軽快な走りに、すっかりやられてしまったそうです。


前からも撮影してみました。
特にこのYZF-R25はフロントがかっこいい。


終始ご機嫌なHasegawaさんなのでした。

仕様比較

YZF-Rシリーズの一角であるYZF-R25。その仕様を比較してみました。
YZF-R1YZF-R6はバケモノスペックですが、日常域の走りもキツいです。その反面、YZF-R25は気楽に乗れます。

YZF-R25 ABSYZF-R6YZF-R1
エンジン種類並列2気筒並列4気筒並列4気筒
排気量249cc599cc998cc
最高出力35PS@12,000rpm118.4PS@14,500rpm200PS@13,500rpm
最大トルク23Nm@10,000rpm61.7Nm@10,500rpm112.4Nm@11,500rpm
車両重量170kg190kg199kg
燃料タンク14L17L17L
エンジンオイル2.4L3.4L4.9L
シート高780mm850mm855mm
軸間距離1,380mm1,375mm1,405mm
キャスター25°00′24°00′24°00′
トレール95mm97mm102mm
ABSありありあり
TCSなしありあり
QSSなしアップアップ・ダウン
IMUなしなし6軸
Fタイヤ110/70ZR17120/70ZR17120/70ZR17
Rタイヤ140/70ZR17180/55ZR17190/55ZR17
Fサス倒立式倒立式倒立式
Rサスモノショックモノショックモノショック
発売時期2019年2017年2018年
税込車両価格64.26万円156.60万円226.80万円

気楽に乗れる大型バイクとして人気のMT-07と、我らがMT-10SPと比較してみました。
軽快な走りができることが仕様からも読み取れます。

YZF-R25 ABSMT-07 ABSMT-10 SP ABS
エンジン種類並列2気筒並列2気筒並列4気筒
排気量249cc688cc997cc
最高出力35PS@12,000rpm73PS@9,000rpm160PS@11,500rpm
最大トルク23Nm@10,000rpm68Nm@6,500rpm111Nm@9,000rpm
車両重量170kg183kg212kg
燃料タンク14L13L17L
エンジンオイル2.4L3.0L4.9L
シート高780mm805mm825mm
軸間距離1,380mm1,400mm1,400mm
キャスター25°00′24°50′24°00′
トレール95mm90mm102mm
ABSありありあり
TCSなしなしあり
QSSなしなしアップ
IMUなしなしなし
Fタイヤ110/70ZR17120/70ZR17120/70ZR17
Rタイヤ140/70ZR17180/55ZR17190/55ZR17
Fサス倒立式正立式倒立式
Rサスモノショックモノショックモノショック
発売時期2019年2018年2017年
税込車両価格64.26万円77.76万円199.80万円

まとめ


かっこいいデザイン、軽快で痛快な走り、スポーツ走行からツーリングまで幅広く楽しめる。
そんなマシンがYZF-R25です。

これからバイクに乗り始める方や、大型バイクのパワーに疲れちゃった方に、オススメしたいですね。

試乗記

Posted by kuroki