大阪モーターサイクルショー2019


大阪モーターサイクルショー2019へ行ってきました。
ちょうど翌日から大阪出張だったので、昼ぐらいに大阪入りして大阪の南港へ向かいました。


大阪メトロ中央線「コスモスクエア駅」から、徒歩で10分ほど。
インテックス大阪が会場です。


駐車場はすごい台数のバイクが。
しかし…MT-10は一台も停まっていませんでした。

YAMAHAブース


まずは我らがYAMAHAブースへ。


MT-10の新色であるライトグレー×バーミリオン朱色が展示されていました。


新型のYZF-R25も展示されていました。


大型バイクに負けない質感の高さと作り込み。値段相応の部分もありますが、そこはカスタムでカバーすればよろしい。


壇上にはLMWNIKEN GTが。
ツーリングに行くならGT+パニアケースの組み合わせがイチオシなんでしょう。


ゆるキャン人気にあやかってか、キャンプグッズのコラボも見かけます。


ブース内にディスプレイされていたRS TAICHIY’S GRARのコラボモデルにグッと来ました。
しかし、嫁からは「グレーは作業着っぽくなるからNG」と厳しい判定が。


最近のYAMAHAが推しているオーセンティックシリーズ
きれいなモデルさん(@erika10111507 / @s_sayaka1008)が着ると映えますが、kurokiが着ると「ゴルフウェアを着た冴えないオッサン」になります(by嫁)。


オーセンティック外装、MT-10にも出ないかなあ…。


YZF-R1はかっこいいですのう。


なお、2016鈴鹿8耐優勝マシンのYZF-R1にはまたがれます。
写真撮影も可能です。


YAMAHA FACTORY RACINGのブルーのチタンサイレンサーが魅力的なマシン。
なのでY.F.R.のサイレンサーがメインの写真も撮影してもらっちゃいました。

MT-10用カーボンホイール


TKCCカーボンホイールがYZF-R1用がラインナップ。MT-10にも使用可能です。


フロントは1.9kg。リアは2.9kg。気になる価格は496,800円。
なお、日本のJWL認証基準は未取得ですが、ドイツのTUV規格は取得しています。


BSTのRapid TEKも展示されています。実際に手で持つと軽い!
フロントは2.4kg。リアは3.2kg。価格は570,000円。
JWL、TUVともに取得済みなので、車検対応です。

どちらか欲しいなあ…。

MOTOSALONブース


MOTOSALONYZF-R1Mが、かっこよくてしびれました。


YAMAHA XSR700もかっこいい!

SUZUKIブース


新型KATANAが展示されているSUZUKIブースは大盛況でした。


写真よりもゴツくてファットな印象を受けましたよ。

HONDAブース


HONDAのこのコピー、大好き!
ストレートに心に刺さりますね。

MT-10日記

Posted by kuroki