New MT-10SP購入決定

MT-10日記


2021年11月10日、YAMAHA MT-10/SPのニューモデルが発表されました
眉毛強めのデザインは賛否が分かれますが、中身については順当にアップデートされています。特に電子制御はモリモリです!

まず結論から先に書きますと、kurokiはNew MT-10SPに買い替えます!
YSP杉並南に割り当てられるMT-10SPのうち、最初の1台目がkuroki号となる予定です。

そこで、New MT-10SPの変更内容じっくりと掘り下げていきましょう。

電子制御


今回もっともアップデートが大きかったのは電子制御周りです!
カスタムではやれない領域のアップデートですので、とても楽しみにしております!

一番のトピックは、ついに6軸IMUが搭載されたことでしょう。
「前後」「左右」「上下」の加速度と「ピッチ」「ロール」「ヨー」の角速度を検出し、その情報をECUが演算してエンジンと車体挙動を制御します。

可変スピードリミッターは詳細不明。ECUを書き換えることなくSUGOで200km/h超を出せることを期待しております。

2017年2022年
6軸IMUなしあり
トラクションコントロール (TCS)ありあり (バンク角連動)
スライドコントロール (SCS)なしあり (バンク角連動)
リフトコントロール (LIF)なしあり
エンジンブレーキマネジメント (EBM)なしあり
ブレーキコントロール (BC)ABSABS / ABS (バンク角連動)
OHLINS電子制御サスペンション (ERS)ありあり
クイックシフター (QSS)アップアップ / ダウン
電子制御スロットル (YCC-T)サテライト方式メカニカルワイヤレス方式 (APSG)
クルーズコントロールありあり
スピードリミッター固定可変 (YVSL)

エンジン


CP4クロスプレーンエンジンは、EURO5に適合した上で、最高出力と最大トルクも向上しています。軽量アルミニウム鍛造ピストン、オフセットコンロッド、メッキシリンダーにより効率化を図ったためらしいです。
燃料タンク容量は変わりませんが、燃費が向上したのは朗報です。航続距離は単純計算で35.7km増ですので、練馬の自宅から東北道安達太良SAまでの246kmを無給油で走れるかも!?

2017年2022年差異
排気量997cc998cc+1cc
ボア79.0mm79.0mm
ストローク50.9mm50.9mm
圧縮比12.0:112.0:1
最高出力160PS @ 11,500rpm165.9PS @ 11,500rpm+5.9PS
最大トルク11.3kgf-m @ 9,000rpm11.4kgf-m @ 9,000rpm+0.1kgf-m
エンジンオイル容量4.9L4.9L
燃料タンク容量17L17L
燃費12.5km/L14.6km/L+2.1km/L
排ガス規制EURO4EURO5EURO4→5
A&Sクラッチありあり

車体


車体には大きな変化はありません。

ホイールベースが5mm長くなったことで全長も5mm増加です。依然としてショートホイールベースなのでクイックなハンドリングは健在でしょう。ホイールベースが伸びたことで、リアタイヤの安定感はより増していそうです。
シート高は10mmアップとなりましたが、kurokiの体格なら足つきの影響はなさそう。


車両重量は2kg増加しちゃいました。
YZF-R1のマグネシウム製鋳造ホイール、新型MT-09のスピンフォージドホイールなどを採用した情報もありませんから、ホイールは従来モデルを継続でしょう。


リアフレーム周りは新型MT-09の流用か、大部分が従来モデルを継続か。EU YAMAHAでパーツリストが公開されるのを待って、池谷メカと分析していきます。

2017年2022年差異
全長2,095mm2,100mm+5mm
全幅800mm800mm
全高1,110mm1,165mm+55mm
ホイールベース1,400mm1,405mm+5mm
最低地上高130mm135mm+5mm
シート高825mm835mm+10mm
車両重量212kg214kg+2kg
キャスター角24°00′24°00′
トレール量102mm102mm

操作系


フロントマスターシリンダーがbremboのラジアルマウントになったのは、良い進歩です。ブレーキリリース時のコントロール性が格段に向上しますからね!


SPではブレーキラインがステンメッシュになったのでカッコよくなりました。


ブレーキレバー、クラッチレバー、ハンドル、ステップが黒になったのも、kuroki的には嬉しい変更です。

外装


眉毛感強めのデザインは、初見の印象は最悪。「…。」と言葉を失いました。
ですが、ヤマハコミュニケーションプラザに展示している実車を見た方々のツイートによると、印象がガラッと変わるようです。そして全体的に質感が向上しており、オーナーの買い替え欲を煽るとのこと。

実車と対面するのが、楽しみであります!

まとめ

New MT-10SPは、個性的なフロントフェイスに目が行きがちですが、2021年式YZF-R1をベースに順当にアップデートされた内容でした。
そして、どのようにkuroki号を仕上げていくかは、別投稿にまとめます!

参考にしたニュースソース

MT-10日記

Posted by kuroki