さらに増えるカーボンパーツ

バイクいじり

先日、ドライカーボン製チェーンガードを購入しましたが、同時にオーダーしたパーツがようやく到着しました。


NEXRAY ドライカーボン製インナーリアフェンダー。
オーダーしたのが1月末。4ヶ月待ちましたよ。


左がNEXRAY、右が純正。
比べてみると違いがよくわかります。ですが…


実際に装着すると、まあ目立たないこと。
チェーンガードも言わなきゃ交換したことがわかりませんね(ニヤリ)。

ちなみにパーツの精度は高いです。
ネジ穴ピッタリ、取り付けてガタツキもなし。どこかの安物パーツとはクオリティが違うようです。

カーボンパーツが密かに増殖を続けておりましたが、いったんここで一段落。
交換し始めたら際限なくあれもこれも…となっちゃうんので、ある一定のkuroki基準ラインを置いているのです。

  • 交換によって軽量化などのメリットがあること(重量増はNG)
  • 人目につく箇所はできるだけ避けて、チラリと見える程度に留めること

もっとも、eBayなどでいいパーツを見つけたら、増殖が再開するかもしれませんがw

バイクいじり

Posted by kuroki