MT-10SP納車

MT-10SPがついに納車されました!
冬の間はどうせ乗らないだろうと思っていましたが、やっぱりウズウズが止まりませんでした。

この気持ちを紛らわすために、滞っていたMT-09のblogを書き上げたりしましたが、乗りたい気持ちは増すばかり。
新しいマシンを待つ間は、いつもそんな気持ちになっちゃいますね。遠足前の子供みたい(苦笑)。

仕上がったマシンにご対面


納車前日のkuroki号。
YSP杉並南の池谷メカニックが納車整備に勤しむ中、作業を見ていたHasegawaさんやTakasukeさんたちから随時報告が入ります。

「とにかくホイール周りがとてもかっこよく仕上がってる」とのこと。

ワクワクしながら見に来たら、こうなってました。


リアホイール。
YSP杉並南のRRDリムテープとスイングアームのシルバーがジャストフィット!


フロントホイール。スリット&ホイールのディスクが走りの雰囲気を放ちます。
赤いSUNSTARのロゴが程よいアクセントになってますね。

いいですねー!しびれますねー!
他もなかなかいい感じなのです。


Y’s GEARミドルスクリーンはさすがYAMAHA純正。
まとまりがよく、走りの雰囲気をスポイルしません。風防効果も期待できそう。


MT-09に装着していたヘプコ&ベッカーのソフトサイドバッグをMT-10SPへ移設してもらいました。いい感じに収まってます。
ステー類はなんとMT-09と同一でした。カラー調整だけでフィッティングできたそうです。

ちなみにY’s GEARのライセンスプレートホルダーも、MT-10SPに移設してあります。
サイドバッグとウインカーが干渉するため、フェンダーレスにしていません。


両サイドにトラクションパッドを残して、タンクパッドなどは取り除きました。
美しいボディを隠すのは、やはり最小限にしたいのです。


リアシートの下はみっちりギッチリ。
池谷メカの苦労がしのばれる仕事です。


シルバーのリムテープ、サイドバッグ、ミドルスクリーンなどが、予想以上にキレイにまとまりました。
ザ・スポーツツーリングマシン、ですね。


もう終始ニコニコのkurokiでございます。

試運転


さて、これから軽く走ってみます。
今日は暖かいので、軽く千葉方面へ向かってみましょう。

GSでハイオクを満タンにしてから、首都高へ上がります。
4号新宿線→C2環状線→湾岸線→アクアラインと繋いで走ります。

ゆっくりタラタラとクルージングをしましたが、クルーズコントロールが威力を発揮!
右手が楽になるのは、ホントありがたい。


海ほたるPAに到着。


まるで春のように気持ちよく晴れてます。

このまま房総半島のワインディングを走るつもりでしたが、戻ってくる頃には大渋滞が予想されること、峠道は先日積もった雪が溶けてビチャビチャになってそうなので、Uターンして戻ることにしました。

アクアラインを抜けて直進。K6川崎線へ入ります。
両サイドに工場と空港が並ぶテンション上がる光景。ええ、わかってもらえなくてもいいんですよ。

大師ICで一度首都高を降り、すぐ1号横羽線に入ります。
ここからはハイペースでコーナリングしながら、1号横羽線→C1環状線→5号池袋線を走り抜けます。

しかし、MT-10SPは超走りやすい!

こういうコースを走ると特に感じます。
ターンに入るときイン側の膝を前に出すと、サイドカウルで膝頭が止まります。その状態のまま上半身をイン側に倒しこむと、いい感じに実にラインをトレースできるのです。
ステップの位置は、攻める走りとクルージングのいい塩梅のバランス。絶妙です。
シートは傾斜が緩くてポジションを作りやすい形状。ストレートでリア側に座り直すと、ちょうどいい具合にお尻が落ち着くポイントが用意されています。

身長175cmぐらいの体格のライダーを想定して作ったのでは?と思えるほど、kurokiにジャストフィットしております。

首都高を走りながら、MT-10SPに乗り換えて良かったなあと、しみじみ思うのでした。
乗りこなすまでには、マシンとのすり合わせがまだまだ必要ですが、その分気合いが入ります。

MT-10SPさん、これからもよろしくお願い申しますね!

MT-10日記

Posted by kuroki