勝浦タンタンメンツーリング

MT-10日記,ツーリング


午前8:00。海ほたるPA。
せっかくの三連休。どこかに走りに行きたいな、と思っていたところ、Iidaさん@XSR900から「勝浦タンタンメンを食べに走りに行きませんか?」とお誘いを受けまして、集合時間に合わせてやって来たのでした。

Iidaさんによると、本日のルートは木更津金田ICを降りてR409→フラワーライン→R409→R297と走り、10時には目的地の「江ざわ」に到着、そして11時半の開店を待つという、正真正銘、勝浦タンタンメンを食べに行くだけのプランとのこと。
あまりに退屈なので、ワインディングをつないで走るルートを提案したのですが、残念ながら不採用。かわりに開店までにお店へ来てもらえればOKとありがたい提案を受けて、ランチまではソロで走ることにしました。先日交換したサイレンサーや、OHしたサスペンションのチェックをするのですよ。


アクアラインの海上ルートは強い風が吹き付けており、MT-10SPが左右に揺さぶられます。ニーグリップして上半身を低くする横風対応姿勢を取って、東京湾を抜けます。
館山道君津ICで高速を降りてからは、r92→r163→R465→r88と、房総の定番ルートを走ってマシンの具合をチェックするのです。


三芳近辺までやって来ました。菜の花がとてもキレイなので、思わず記念撮影。
その後、給油を済ませてr88を戻り勝浦へ向かいます。R465→房総スカイラインr92→r24→R465→R297と交通量の少ない田舎道をサクサクと走っていきます。


午前10:50。「江ざわ」に到着して、Iidaさんと合流。
我々は8番目のエントリー。おかげさまで初回組で入れそうです。


少し待つと、店内へ案内されます。


担々麺と半ライスがやって来ました。
ラー油が辛いのですが、出汁と醤油がベースにあり、玉葱の甘みなども加わって、辛旨なスープに仕上がっています。
一般的な担々麺と違って、サラッとしたスープと、ラーメンのようなちぢれ麺の構成です。ちょっと変わった辛いラーメンと表現したほうがシックリきます。個人的には好みの味です。
ただし、良くも悪くもB級グルメレベルなので過分な期待は禁物です。勝浦へ行くついでに食べるぐらいの期待値がちょうどよいかと思います。

12時前にランチを食べ終えた我々は、そのまま現地解散となりました。
kurokiは往路と同じルートを走って、君津ICから高速に乗って東京へ戻ります。強風でアクアラインが通行止めになる可能性があるため、どこにも寄らずに戻るのです。


アクアラインは40km/h制限になっていました。吹き荒れる強風に翻弄されて命の危険を感じますが、低い姿勢をキープしてどうにかやり過ごします。トンネルに入ると無風になり、心底ホッとするのです。
湾岸線→C2→4号と走って、永福ICで首都高を降りて。


午後2時。YSP杉並南に到着です。
なお、カーボンハンドルバーのバーエンドが外れかかっていたので、ボンドで接着してもらいました。

テストライド

US YAMAHA純正 ヨシムラサイレンサーは、かなり重低音が増しました。特にアイドリングから5,000rpmぐらいの領域のサウンドが野太いです。体感ではノーマルの2割増しといったところでしょうか。
そして、回転を上げて加速していくと、野太いサウンドがスーッと収まっていきます。

kurokiが好むビート感は若干薄まりましたが、ビートの粒々を感じながらコーナリングできるMT-10の楽しさは健在です。低回転からの扱いやすさが向上したメリットもあるので、プラマイゼロといったところかな。
新しいフィーリングも、走ってみると案外悪くないなと感じられたのは収穫でした。

OHしたサスペンションは、気持ちよく動いてくれます。
低速走行が続く渋滞路でも、自分のペースで走るワインディングでも、不快な振動が抑えられています。

ただ、ゆるいコーナーが大半の房総のワインディングは、サイレンサーやサスペンションの真価を感じることはできませんでした。
サーキットを走り込んだり、Rのキツいくねくね道を走り込んだりして、足回りに強い負荷をかけなければ、わかった!という感覚を掴めないのですよ。房総はクルージング向きのルートですからね。

テストライド Part2

後日、もっとハードな峠道を求めて、都留と道志を結ぶr24を走りました。このルートはRもキツく、高低差もあって、足回りに強い負荷をかけて走るため、チェックに向いているのです。

バージョンアップしたマシンは、意のままに曲がってくれるコーナリングマシンに仕上がっていました。野太いサウンドと細かなビートの粒々を体感しながら走ると、気分が高揚して走りのモチベーションが上がります。
ペースを上げて走ると楽しい状態になりましたね。

あとはフレッシュなタイヤに交換すれば、2020年のSUGO祭りの準備はバッチリかな!
ただ、

新型コロナウィルスCOVID-19の影響次第でありますが…。

MT-10日記,ツーリング

Posted by kuroki