SUGO祭り2021 サーキット走行

MT-10日記,SUGO祭り,サーキット走行


午前9時。ベネシアンホテル白石蔵王を出発します。
今回はこのホテルで連泊するプラン。レーシングスーツ一式の受取をホテルで行えるからです。返送はホテル前のファミマから行う予定。
そして今日は、レーシングスーツ着用でSUGOへGO!


午前9時半。村田ICを出たところのセブンに到着。
ここでYSP杉並南のチームFJR(HasegawaさんたかすけさんAJさん)と合流し、昼飯やドリンクを買い込みます。


午前11時。SUGOのメインゲートで検温を済ませて、インターナショナルレーシングコースのピットに到着です。


早速走行準備を始めましょう。ワイワイガヤガヤと準備する雰囲気に、気持ちが高まっていきます。
さあさあ、祭りの始まりですよ!


午後12時よりブリーフィングが始まりました。使用するコーナーポストとフラッグ、各種諸注意などが説明されます。
オフシーズンにコースの改修があり、ピットからの合流レーンが3コーナーまで分離されたそうです。合流しやすくなって事故も減って助かりますね。

サーキット走行開始


午後1時。走行開始です。
まずは慣熟走行。3周走ってからピットへ戻ります。以後は午後4時までフリー走行!


kurokiも走行を開始します。
30分ほど走行すると、いい感じにスピードを乗せて周回できるようになりました。両膝が自然に接地することは、コーナリングでしっかり荷重をかけられているシグナル。そろそろ身体の慣らしは完了ですよ。


乗れてきた!と感じられると、気持ちに余裕が出てきました。
そこでSUGO祭りに向けてカスタムした結果をチェックしましょう。

タイヤ

先日装着したMICHELIN POWER GPはめっちゃ楽しい!
よく減速するし、軽々とバンクするし、目指したラインをスッとトレースできて、安心して体重を預けられます。
乗り手のメンタル状態はライディングに大きな影響を与えますから、乗れている気持ちに上げてくれるタイヤは、とてもありがたい存在です。

バックステップ

GALE SPEED Elaborateフットコントールキットは、実にいい具合です。
ハングオフ中にステップから外足が外れそうな不安感が消えて無くなりました。余計なことを考えずに外足でマシンをホールドできます。内足のブーツのつま先が一度も接地しなかったことも嬉しい効果。
池谷メカが苦労して取り付けてくれた成果は、しっかり出ていますね。

マスターシリンダー

GALESPEED Elaborate マスターシリンダーは、昨年の走行では効果をあまり感じ取れませんでしたが、今回はよーくわかります。ブレーキリリース時のコントロールがやりやすい!
ブレーキングで車体の重さを感じなかったのは、BST Rapid TEK カーボンホイールに換装したことが大きいです。
制動力も十分で、効力の立ち上がりも好み。kuroki号のブレーキシステムは、いい具合に仕上がりました。


MT-09で乗れていた感覚と同じく、自分とマシンがかみ合った感覚が得られました。
思った通りにマシンが動く人車が一体になったようなフィーリングは、とにかく気持ちいい!思いっきり走れて、めっちゃ楽しめました!

チェッカー直前の2周の映像です。前方がクリアになったらアクセル開け開けにして走っていたことが確認できますw
blogの看板通り「楽しいFun乗り物Ride」に仕上がって満足なのです。

チームFJRの覚醒


YSP杉並南のチームFJRの覚醒が目覚ましい。
膝を擦りながら激走するFJR1300三連星は、ある種異様な迫力がありました。

Hasegawaさん


Hasegawaさんを追走させてもらいましたが、初参加の頃に比べて格段に速くなっています。kurokiの印象はラップタイムでも裏付けられています。
特にコーナリングの安定感が段違い!フォームがリーンインからハングオフに変わり、膝もガリガリ擦って、タイヤに荷重をかけられています。
次なる課題は右コーナーでもハングオフすることですが、その壁もすぐに越えられそうです。

たかすけさん


たかすけさんは、今回大きく躍進を遂げました!
前回まではバンク角の深いリーンウィズで、ステップなどの車体をガリガリ削るリスキーな走りでした。しかし今回はハングオフでコーナー出口まで膝を擦りっぱなし。安心して見ていられました。
今まで積み重ねてきた技術が一気につながり、たかすけさんにブレイクスルーをもたらしたのでしょう。こういうレベルアップの瞬間に立ち会えるのは、いつになっても嬉しいものです(一応バイク歴26年)。

走行後に「今までと違う景色が見えるようになった」と熱く語ってくれたのも印象的でした。
実際、バンク角を膝で確認して安心できるし、タイヤに荷重をかけてグリップを引き出せます。その結果、コーナリング時の旋回速度が上がるため、流れる景色が変わって見えるはずです。浅いバンク角で旋回できるので、外乱に対応するマージンを稼げて安全になりますし。

兎にも角にも、膝擦り達成おめでとうございます!

AJさん


SUGO祭り初参戦のAJさんは、たかすけさん躍進の立役者です。
追走しながら無線でリアルタイムコーチング。それが起爆剤となり今回のブレイクスルーをもたらしたのは間違いないでしょう。
ピット中でのフォームのアドバイスも詳細で的確でした。さすが二輪指導員の資格をお持ちなだけあります。それに比べてkurokiのアドバイスは雑でしたw

AJさん自身のライディングフォームもキレイなハングオフ。安定感があってビシッと決まっていました。

爆走するチームFJRの追走する映像です。大きな車体を軽々と右へ左へバンクさせて、ダイナミックにハングオフしているシーンが見て取れます。

わだやんさん


yokoG組から参加している、もう1台のMT-10SPがわだやんさんです。
kurokiとラップタイムが5秒も違うため、周回するペースがまるで違います(汗)。
あとでオンボードカメラ映像を見せてもらったところ、コーナー前で速度を落としすぎず、タイトなラインをスムーズに抜けていきます。同じ車種なのでとても参考になりました!

次回のSUGO祭りでは、もうちょっと絡めるようになりたいので、練習してきます!

ariさん

走行写真はariさん@TRX850の撮影です。大変な枚数を撮影してシェアしていただいて、感謝の念に堪えません。
いつもいつも大変ありがとうございます!

走行終了

楽しかった3時間の走行会も終了の時間となってしまいました。
もろもろの片付けを済ませたあとは、いつものようにマシンを並べて記念撮影!


with ナオエ


with YSP杉並南チームFJR


今日の気温とNewタイヤのおかげで、気持ちよく走ることができたと思います。

ただ、我々のグループ(yokoG組)から1名の赤旗を出してしまいました。参加者の皆さんの貴重な走行時間を奪ってしまい、大変申し訳ないです。
転倒の原因はバックストレートでのスリップダウン。おそらく握りゴケです。
ライダーの怪我は擦過傷と打撲で済みました。またマシンのダメージも復活できそうなレベルとのこと。


ベネシアンホテル白石蔵王に戻って、荷解きして汗を流したあとは、日本料理この花で打ち上げです。
今日の楽しかった走行と、たかすけさんの膝擦り達成に乾杯!


飲み放題のビールとハイボール、食べ放題の豚しゃぶで心もお腹もたっぷり満たし、楽しい夜が更けていくのでした。

MT-10日記,SUGO祭り,サーキット走行

Posted by kuroki